皮膚の病気Q&A
質問の多い病気について述べます


 Q:水イボの治療

A:水イボは水イボのウィルスが皮膚に感染してできます。

治療としては、
ピンセットのようなものでつまんで取るか、
免疫ができて自然消えるのを待つか(1年位かかります)、どちらかです。

基本的には、
アトピーの人は、掻くことによって広がりやすいので取ります。
プールのある時期や、スイミングスクールへ行っている子も取ります。

摘んで取るのは痛みを伴います。
麻酔のテープを予め貼って痛みを和らげる方法もあります。
貼って30分位しないと効かないので予め受付に申し出てください。

数が少ない場合はスピール膏を貼る方法もあります。
あるいは、硝酸銀という薬を塗る方法もあります。
スピール膏、硝酸銀でとる方法は痛くはありませんが、取れるまで、数週間かかります。
また、人によってかぶれることもあります。

いくつか方法がありますので、取るのは痛いから、と放って置いて増やしてしまわないで、来て相談してください


 Q:アトピー性皮膚炎、ステロイドを使いたくないのですが 

A:当院の治療方針
基本的にはステロイドは使用します。

”ステロイドをつけると良くなるけれど、止めるとまた出てくる。だから、ステロイドはつけたくない。”と、言う人がたくさんいます。

ステロイドは湿疹という炎症を押さえるだけです。
アトピーというアレルギーを起こしやすい体質を変えるわけでもなく、原因を取り除くわけではありません。
他が何も変わらないのに、ステロイドを止めれば出てくるのは当たり前です。

でも、”ステロイドを使いたくない。”と、言う人に無理強いするつもりはありません。

アトピー性皮膚炎は、治さなければ、と、気負う病気ではなく、付き合っていく病気だと思っています。

日常生活の中で(どんなに良い治療であっても、学校や仕事を休まなければ続けられなかったり、非常に高額だったら意味がない)、日常生活に支障のない状態(痒くて夜良く眠れないというような事がないように)を目標に、治療をしたいと思います。

そのためには、ステロイドも必要かなと思います。


 Q:アレルギーの検査をしたいのですが

A:アトピー性皮膚炎の赤ちゃんのお母さんから
”いくつ(あるいは何ヶ月)になったらアレルギーの検査ができますか?”と、聞かれます。

いつでもできます。

と、言うより、その時点でのアレルギーを検査するわけです。
アレルギーの原因、強さはだんだん変わります。
乳児期には食べ物のアレルギーがあっても、3歳位になると食物アレルギーは治まってきて、今度はハウスダストや、花粉に対するアレルギーが出てきたりします。
3ヶ月の時点では、3ヶ月でのアレルギーの状態が、1歳では1歳の時の状態がわかるわけです。

検査の方法には、血液を採って調べる方法、皮膚に注射をして調べる方法がありますが、当院では血液での検査しかできません。

また、血液を採ればあなたのアレルギーの原因はこれです、というような結果が出ると思っている方もいますが、そうではなくて、卵のアレルギーがあるかないか、ミルクのアレルギーがあるかないか、というように1項目ずつチェックします。
1回で検査できる項目は、現在13項目です。
調べたいものが多いほど検査料がかかります。
漠然と検査するより、具体的に、食べ物が心配とか、花粉が怪しいのでは、というものがあったほうが良いでしょう。

 シミの治療は 次ページへ



HOME診療案内自費診療(ピアス、レーザー脱毛など)
個人情報の取扱いについて