シミの治療

しみにもいろいろ種類があります。       

・レーザーの効くものと、逆に濃くなるものがあります。

・レーザーが効くものであっても、レーザー単独でなく、
ビタミンCの内服や、ビタミンCの外用などと組み合わせて
治療します。

・まずは普通に保険診察を受けてください。

* * 治療費の目安 * *

初診の場合:診察+レーザー照射+処方箋 1,050円
        内服薬(1ヶ月分)    約 1,000円
       
               
再診の場合:診察+レーザー照射+処方箋  570円
        内服は同じ

 
 
シミの種類

 肝斑(しみ)
妊娠、出産後 更年期にできやすいシミ
時期が来れば(出産して数年経つあるいは
高齢になると)薄くなります
レーザーは逆効果
飲み薬 ビタミンCとトラネキサム酸が効果的

 老人性色素斑
長年の紫外線の積み重ね。
できてしまってから美白剤をつけても
なかなか消えません。
レーザー照射、ハイドロキノン、内服等を
組み合わせ治療


 炎症後色素沈着
湿疹の痕、怪我の痕、ニキビをつぶした痕、
などが黒っぽく残ってしまったもの


 その他   
太田母斑、扁平母斑などのアザもあります。
 アザといっても生まれつきあるとは限らず、
 思春期以降出る場合もあります
  
下記のものを組み合わせることもあります
       (自費となります)

  • 外用 ハイドロキノン 5g   2,160円
  • ケミカルピーリング
  • フェイシャルトリートメント                     (ビタミンのイオン導入)


ハイドロキノンとは?
イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、しみのもとになるメラニンがつくられるのを抑えます。その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍から100倍といわれています。


トラネキサム酸って?
市販のトランシーノの主成分。メラノサイト活性化因子をブロックします。


日焼け止め?
シミの原因は紫外線。紫外線対策が重要です。

SPF
紫外線B波(日焼けを起こして皮膚が赤くなる)を
ブロックする効果の指標。数字が大きくなるほど効果が大きい
PA
紫外線A波(赤くはならないが、シミしわの原因になる)をブロックする指標。+が多いほど効果が高くなります
ケミカル
紫外線散乱剤と吸収剤を含有。しっかりブロック
でも、吸収材に敏感な人もいます。
ノンケミカル
紫外線吸収剤を含みません。肌が弱い方にお勧めですが、白っぽくなりやすい欠点も

 
 

 



HOME │ 自費診療 │ 皮膚の病気Q&A